不動産売却をしてもらうということ

不動産を売却したい。
そのような場合には、不動産業者に依頼をされるというかたがた違反かと思います。
査定から売買契約においてまで、仲介に入ってもらうことによってより安定的な取引がしやすくなるでしょう。
そこで、仲介をしてもらうということにおいて知っておきたいポイントを抑えていきましょう。

仲介の際に発生する料金について

不動産業者というプロに仲介を依頼をするわけですから、料金の支払いは当然ながら発生します。
手数料を支払い、不動産売却を依頼するというのが一般的です。
手数料に就いては、「契約ができると発生する」というものになります。
簡単に言えば、買い手がついて初めて料金が発生するということがいえるのです。

仲介売却をする魅力とは

買取という形と比較をするとわかりやすいのですが、仲介での不動産売却のほうが価格においては有利だといわれているのです。
買い取りは売却の6割前後とも言われていますので、お得であることがお分かりいただけるかとも思います。

仲介に期限はあるのか

不動産を売却するということは「○日以内に売却できる」という絶対的・確定的なものではありません。
ですから、売却をしたいという場合にはその期限設定を持たずにある程度の期間、売出しをしていただくことは可能です。
とはいえ、全ての不動産業者が無期限設定をしているわけではありません。
期限が数年などという具合に設定されている場合もありますので、業者との契約内容もしくは事前説明を把握しておきようにしましょう。

仲介売却というスタンス

現代においては、買取・売却の2つの方法を取り入れているという方も増えつつあるようです。
長い目で見て、どちらが良いかもしくは自らが満足できる形がつくれるかを検討していくと良いでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »