査定金額と売却金額に差が出る理由

不動産の売却を考える場合、まずは査定をという方が大半かと思います。
その金額に基づいて売却へと進んでいくわけですが、中には「査定と売却の金額はイコールである」と考えている方もいらっしゃるようです。
そこで今回は改めて査定と売却の関係性について考えていきましょう。

査定について

今では、査定を行うことは必須といっても良いでしょう。
不動産業者に依頼をすることによって冷静な評価を知ることも出来ますし、相場も把握しやすいでしょう。
複数の業者に依頼をするという方もまた増えているようです。

査定金額は売却金額?

次に「査定と売却金額は同じである」と誤解をされる方がいらっしゃるという点についてです。
査定金額は、おおよその見積もりと考えていただくとわかりやすいでしょう。
「この価格で売れる可能性がある」ということを示唆しているのです。
ですから、確実に査定金額通りで売却が出来るというわけではありません。
こうした点についても、しっかりと説明を行ってくれる不動産業者を選ぶのも良いでしょう。

査定金額と売却額との差について

差が生まれてしまう理由ですが、査定では不動産業者が調査をした上での「売れそうな金額」なのです。
いわば想定といっても良いでしょう。
ですから、実際の売却金額と差がでてしまうというわけです。
高めに設定をし売却をするということも可能ではありますが、環境などによっては売れ残ってしまうケースもありますので多角的に判断していきましょう。

適正な価格で売却を

査定金額と売却金額の違いについて今回は見ていきました。
少しでも高値にというのが持ち主の希望ではあるかと思いますが、市場や経済状況なども大きくかかわってくる問題ですから「適正価格」を業者とともに設定することがスムーズな契約への近道でもあるのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む